KIROBO miniの特徴と魅力

KIROBO miniの魅力や特徴、コミュニケーションのコツをご紹介します。

KIROBO miniの特徴

双方向のコミュニケーションが楽しめる、
手のひらサイズのKIROBO mini。
小さなボディには、パートナーを惹きつける
可愛らしさがいっぱい!

  • 1

    いつもそばに寄り添う存在

    座高10cmと小柄。愛らしい姿かたちと大きさです。

  • 2

    雑談をする

    表情を見て、感情を推し量り、気持ちに寄り添って話しかけてきます。おしゃべりすると口が光ります。

  • 3

    ココロが動く、ココロを感じる

    首や腕を振ったり、「うんうん」とうなずいたり、まばたきしたり、愛らしいしぐさや表情を見せます。

  • 4

    見つけて反応

    声をかけると、話している人を見つけて、顔を向け見つめます。

  • 5

    覚えて成長する

    興味を持つと質問して覚えます。好き嫌いや、思い出なども覚えて話します。

  • 6

    つながる

    一緒に過ごして成長するとクルマ※1やおうち※2とつながって、いろいろなことを教えてくれるようになります。

    ※1 新型プリウスPHVで対応予定です。ご利用にはお客様のT-Connect契約、DCM等でのセンター通信が必要です。
    ※2 トヨタホーム(株)が提供するTSC-HEMS(エネルギー管理)サービスにて対応予定です。

KIROBO miniの魅力

こころのキャッチボール

「やさしさ」などの情緒に重きをおいているKIROBO mini。
幼い子どものようなKIROBO miniとココロを通わせることで、笑顔が広がります。

  • KIROBO miniとのお話は、小さなお子様との「ココロのキャッチボール」をするようなイメージ。
  • 例えば、子どもと父親のキャッチボールの中で、父親は子どもに向かってキャッチしにくい速いボールは投げません。子どもが捕りやすいように、思いやりを持ってコントロールして投げます。そして、子どもが投げ返してきたボールは、どんなボールでもキャッチしてあげようとします。KIROBO miniとのコミュニケーションは、このような幼い子どもとのキャッチボールと同じ。上手くいかないこともあると思いますが、「ココロのキャッチボール」を楽しんでもらえたらと思います。
  • KIROBO miniは、「ココロのキャッチボール」を交わしていくことで、パートナーの笑顔を広げてくれる。そんな存在です。

共有する楽しさ

日々の何気ない会話や、一緒にお出かけするたびに成長を実感。
やがてKIROBO miniは、あなたのかけがえの無いパートナーに。

  • 今日はアボカドを使った料理をしたよ さっちゃんは料理が好きなんだよね

    あなたの好みや趣味など、話した内容をだんだんと覚えていきます。 覚えた好みや、話した内容で受け答えできるようになります。

  • ここ前にも来たね

    GPSと連動することで、いつも行く場所や、お出かけした場所を記憶。何気ないコミュニケーションで、ふと思い出したように話しかけてきます。

KIROBO miniとのおしゃべりのコツ

上手におしゃべりするために

KIROBO miniとのお話しは、小さな子どもと対話しているイメージです。
上手におしゃべりをするために助けてあげてください。

  • KIROBO miniを手にもって話すか、テーブルの上に座らせて話しかけてください。

  • 大きくはっきりした声で話しかけてね 30cm~70cm

    KIROBO miniの正面から、30cm~70cm程度離れて話しかけてください。

  • P! キミの名前は?

    電子音が鳴ったことを確認して、一呼吸おいて話しかけてください。

  • … うん

    少し考え込むことがあります。相づちを打つまでのんびり待ってあげてください。


楽しくコミュニケーション

ココロに寄り添う、KIROBO miniだからできること。もう一人の「家族」として、毎日に彩りを届けます。

  • 元気がないとき、悲しいときは察して励ましてくれる
  • 記憶した出来事を思い出してお話しする
  • 誕生日を覚えていて一緒にお祝いしてくれる
  • 会話から言葉を連想して、おしゃべりする